(目的)
第1条 一般社団法人東京都学校歯科医会(以下「本会」という。)は個人情報を取扱うにあたり、個人情報保護に関する関係法令等に基づき適正に管理するよう努める。
 
(用語の定義)
第2条 この規則における用語の定義は次の通りする。
  「個人情報」とは本会が設けるホームページ、電子メ−ル、郵送、FAX等により本会が提供を受けた生存する特定の個人を識別できる情報をいう。尚、個人番号を内容に含む「特定個人情報」については、別途、理事会にて定める。
 
(個人情報の取得)
第3条 個人情報の取得は、適法かつ公正な手段により行い、本会定款に定めた目的及び事業遂のために、個人情報を本会業務に必要な範囲内で収集する。個人情報を収集する際は、その目的を明示する。又、利用目的を変更する場合には、変更前の利用目的と相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲を超えて行ってはならない。
 
(個人情報の利用)
第4条 本会が収集した個人情報は、本会業務を遂行するため、また本会定款に定めた目的及び事業遂行のためのみに利用する。ただし、次のいずれかの場合には取得目的以外に利用または第三者に提供することがある。
(1) 法令の規定に基づく場合。
(2) 個人情報提供者(以下「提供者」という。)の同意がある場合。
(3) 業務に必要な場合、個人情報取り扱いに関する契約等を結んだ外部委託業者に提供する場合。
(4) その他、理事会で承認された事業計画を達成するために正当な理由がある場合。
(5) 情報の統計を特定の個人を識別できない内容で提供する場合。
   
(データ内容の正確性の確保)
第5条 個人情報は、利用目的に必要の範囲において、正確かつ最新の状態で管理するものとする。
   
(安全管理措置)
第6条 本会は、収集した個人情報(提供者自身により開示されたり、既に公開されたりしている個人情報については、本会の管理の対象外とする。)が外部へ漏洩したり、破壊や改ざんを受けたり、紛失することの無いよう適切な管理に努める。ただし、技術上予期し得ない方法にする不正アクセスなどによる改ざん・漏洩などの被害を受けた場合には、本会はその責を負わない。
   
(委託先の監督)
第7条 個人情報の取扱いの全部又は一部を委託する場合は、その取扱いを委託された個人情報の安全管理が図られるよう、委託を受けた者に対する必要かつ適切な監督を行わなければならない。
   
(訂正等)
第8条 提供者から、本会の保有する個人情報について、その内容について照会、確認、訂正、追加または削除を求められた場合は、原則として速やかに対応する。
   
(改廃)
第9条 この規程の改廃は、理事会において議決する。
   
附則 この規程は、平成30年お4月19日より施行する。